地域に見合った家づくり|注文住宅が選ばれる意味|希望が次々に形になる

注文住宅が選ばれる意味|希望が次々に形になる

住宅

地域に見合った家づくり

一軒家

来客にも優しい家

武蔵藤沢の不動産事情にスポットをあててみると、高齢者世帯と子育て共助の街として話題作りが行われており、新築一戸建てを設計するニーズが高まっています。武蔵藤沢には、多世代が子育て世帯であるものの、核家族化は深刻化し、地域全体での子育てが重要視されています。新築においては分譲地が特に人気で、近隣住民との交流の広がりがメリットです。多世代の住民同士の交流のみならず、子供や高齢者にとって、安全・安心性も重要視されています。例えば、戸建てでは障害を取り除くためのバリアフリーから一歩先を行く、万人ウケに考えられたデザインが設計に採用されています。高齢者が使いやすい家は、誰にでも使いやすい家である背景も重なり、居住者のみならず、ゲストにも安全で安心さを提供できることに繋がります。

個室を孤室にしない工夫

武蔵藤沢エリアは近年、アウトレットパークなどがオープンし、多世帯が暮らす街として人気エリアの1つです。また武蔵藤沢の駅周辺は住宅地が多いものの、畑などの田園も広がっています。線路と並行し、病院や銀行やスーパーなどの利便性も挙げることができ、子育てにも高齢世帯にも評判の良いエリアです。新築・戸建てにおいては多世帯向けに設計された住宅が目立っています。例えば、個室も大切であるものの、家族で過ごす時間も必要である観点から、新築・戸建てではリビングに着眼点が置かれています。学校から帰宅し、子供部屋に直行する問題点も、玄関からの動線がイメージされています。センターリビングに仕上げるなど、核家族問題が進む中、顔を合わせられる家づくりも家族にとってメリットと言えます。プライバシーを大切にしながら、パブリックスペースのあり方にも工夫するなど、近年の個人不動産の特徴の1つです。